音楽療法-NPO法人 心のおしゃべり音楽工房

日本音楽療法学会関東支部
認定講習会・研究会実施団体

お気軽にご相談ください
フリーダイヤル(ココロヨハロー)
0120 - 5564 - 86
受付時間:9:00~24:00
一般ダイヤル
03-3418-6612
サイトマップ

音楽療法の「NPO法人 心のおしゃべり音楽工房」

「NPO定款:pdf」 「NPO設立趣旨書:pdf」
--「NPO正会員お申込書・規約:pdf」--


伝えたい思いを音楽療法で自由に表現出来たら


2016年1月6日より音楽療法の「NPO法人 心のおしゃべり音楽工房」として新たな活動が始まりました。 それらに伴いHPの改定や企画等も展開して参りたいと存じます、これからも「NPO法人 心のおしゃべり音楽工房」をどうぞ宜しくお願い申し上げます。


【求人のご案内】音楽療法士/メイン・セラピスト/コ・セラピスト募集中!
求人についての詳細はこちらよりどうぞ。
「見学随時受け付け中」求人情報掲載2015年11月1日~


【YAMAHA】脳科学+音楽療法+フィジカルコンディショニング=Revストレッチ
Revストレッチ スペシャルサイト
当サイト関連記事:中井深雪『ヤマハ発動機と音楽療法のコラボレーション!?

あなたの悩みを音楽療法で解決しませんか?

悩んだり、悲しんだり、苦しんだり、
腹を立てていることはいったいなんでしょう?
もしも誰かに相談して話をするのはつらい … と感じたら、
もしもお薬だけでは治らない … と感じたら、、
ほんの少し、音楽の力を信じて、頼ってみませんか?
世界には音が溢れています。
コミュニケーションは言葉だけではありません。
明日でも、きのうでもなく、
今日の、今この瞬間だけ心の置き場所を変えてみませんか?
解決までには時間の必要な事も、
はじめはたった一歩からです。

音楽療法で、本来のあなたらしさを一緒に探しましょう

病気は、あなたの一部であってすべてではありません。
病んでいないところのあなたは健康なのです。
また、障がいは病気ではありません。
音楽療法は、あなたの本当は健康なところが共感できる音楽を探します。
あなたらしさを感じさせてくれるような音楽に出会って、
本来のあなたの素敵さを拡大しましょう。
そうすれば、病気や障がいとの新しいつき合い方が見えてくるかもしれません。
「音楽で治療になるの?」 と思った方もいらっしゃるでしょう。
音楽を治癒力に変えるのは、あなた自身の音楽への共感性です。
だから、音楽が好きなら、好きな音楽があるなら試してみましょう。
私たちセラピストは、あなたが、好きな音楽を満喫できるよう、
最大限のお手伝いをいたします。

音楽療法が選ばれる理由

あなたの好きな音楽を、さまざまな目的で、さまざまな方法で、楽しみながら、自己治癒やセルフ・トレーニングに役立てていくことができるかもしれない・・・

そんな気持ちで、音楽療法 にたどり着かれる方が多いようです。

音楽療法のセッション子どもが3歳健診で遅れがあると言われました。すぐには療育に入れないそうなので、個人的にも何かさせてあげたいと思っていたのです。音楽なら大好きなので、音楽療法ならやれるんじゃないかと思いまして。」
「脳梗塞をやりまして、口が回らなくなってしまったのです。でもせめて大好きな歌で若い頃のテノールを取り戻せたら、治療になるんじゃないかと思いまして。」
「自分の歌を作りたいんです。毎日つらい思いで暮らしているけど、音楽は大好きなので、それを歌にできたら、1曲ずつ、アルバムに写真を貼るようにして貯め、自分の想いを残せるんじゃないかと思って。」
音楽療法は、あなたの好みの音楽をさまざまな方法で、改善したい目的に向かってセラピストが楽しみ方のお手伝いをします。

言語療法だと、大体早くても4歳か5歳から、心理療法でも、椅子に座ってセラピストと向かい合ってワークをするようなタイプのものだと、2,3歳では始められない療法もあります。

でも、音楽療法なら、お外に出られるようになれば始められます。

6か月になって呼んでも抱っこしても笑ってもくれない、お腹がすいたわけでもないのに泣いてばかりで泣き声以外の声は出さない、といった場合にはきっとご心配されるでしょう。しかし2歳頃までは健診に行っても「経過観察」と言われてしまいます。

乳幼児期からでも、音楽療法 なら始められます。

リズム→メロディー→ハーモニーの順で獲得すると言われる音楽の発達に添って、寝たままの姿勢でもできるさまざまな歌いかけや楽器に触ってもらうアプローチ、手足の軽い2拍子運動などで、音楽を使ったコミュニケーションをお母さまとご一緒に楽しんでいただけます。

お年を召して、物忘れも多くなり、お一人ではなかなか外出されなくなった方の場合、そのまま刺激の少ない生活を続けていては、身体機能が弱って嚥下障害が起こりやすくなったり、認知症が進んだり、足腰が弱って次第に動けなくなってしまったり、誰ともおしゃべりをしなくなって必要な言葉さえ失いがちになってしまわれたりすることがあります。でも、音楽療法なら、セラピストが出張してご自宅で一緒に歌を歌ったり、歌をきっかけにおしゃべりをしたり、楽器に触れていただいて指先を使っていただいたり、軽い音楽運動療法で心肺機能を高めたり筋肉を刺激したり、という活動ができます。

その結果、ご自身でお出かけになれるまでに回復されて、音楽室に通ってくださることができるようになる方もいらっしゃいます。

音楽療法とは、どんなものでしょうか?

音楽が好きなら、ピアノのお稽古とか、歌のレッスンとか、「音楽教室」に行けばいい?
でも、お話ができない、手が思うように動かない、人前で演奏したくない。それにあまり歌も知らないし、練習は苦手。

そんな方でも大丈夫です。

どんな場合でも、音楽療法ならあなたに満足感や達成感、心やすまる時間、心躍る時間をもたらしてくれるでしょう。特に個人の音楽療法は、その時間、どんな風に音楽したいか、すべてあなたが決めることができます。

あなたがしたい音楽を実現するために、曲選び、活動の種類、楽器選び、楽器の鳴らし方、ご希望があれば、楽譜の読み方だって、そして、音楽とともに湧き出す気持ちなどすべてを、セラピストが必要なだけ全部サポートします。その結果、あなたの中に何が生まれ何が起こるか、それは、やってみる人にしかわかりません。

分かって来た頃には、もう あなたは 変わり始めて いるでしょう。

NPO法人 心のおしゃべり音楽工房の特徴

NPO法人 心のおしゃべり音楽工房では、依頼者様の音楽療法における目標をご一緒に確認し、お好きな音楽の中から、なにか症状がある場合にはその症状の改善に向くと思われる楽曲などを選曲して、音や操作のお好きな楽器を用いたり、歌が好きな方にはたくさん歌を歌っていただけるようなステージを作ります。

お子さんの音楽療法の場合には、音楽を、演奏するためだけに使うのではなく、豊かな想像力を広げていってもらえるような、または身体機能を高めるような運動をしたくなるようなBGMとして使ったり、発語を目指した声のアプローチに使ったりもするので、即興したりその場で歌を作ったりといった活動もたくさんあります。お子さんの中には、既成曲が好きではないお子さんもいます。そうした場合には、そのお子さんの持っている言葉やモチーフ(メロディになる前の旋律アイデア)で歌を作り、歌で会話をすることも。

大人の方の音楽療法の場合には、お好きな歌を、さまざまなリ・ハーモナイズやアレンジで展開し、同じ曲を一粒で三度くらいは美味しく味わっていただけます。

セッションは概ね1セッション45分で、グループ・集団の音楽療法では、メンバーのみなさんのリクエスト曲やお好きな曲、よくご存知の曲を中心に選曲し、そこにテーマやストーリー性を持たせます。そうすることで、イマジネーションの喚起を大切にしながら、対象児・者の自主的な活動性を上げて行くことができるのです。

NPO法人 心のおしゃべり音楽工房での1セッションは、あなただけのために準備され、その時間の音楽の選曲、様々な楽器、醸し出される雰囲気や世界観、そして2名のセラピストによる演奏のお手伝い、すべてを独り占めにして自由に展開できるのです。

お問い合わせフォーム

NPO法人 心のおしゃべり音楽工房では、音楽療法に関する各種ご相談、お問い合わせをいつでもお受けしています。疑問、質問、その他何でも構いません。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

(必須)ニックネーム可
(必須)例)mail@example.com
任意
(必須)

音楽療法と心のおしゃべりカフェさんぽ。

NPO法人 心のおしゃべり音楽工房の運営しているFacebookページです。

音楽療法を受けている方、受けたことのある方、受けてみたい方、音楽療法に興味のある方、音楽療法を応援してくださる方々のためのコミュニティ。
特別なことでなくても、みなさまの生活の中にあふれる音楽の楽しさや、語りたい、音楽や生活にまつわるエピソードなどについて教えてください。
おさんぽのついでに、身近な音楽や医療・福祉の話題、気になる社会問題などについておしゃべりできるカフェになりたいと思います。。。音も、出せるようになるといいなと思っています。

音楽療法で使用される楽器たち

療法に適した楽器

左上:小鳥のデスクベル デスクベルに小鳥(ネズミじゃありません)の顔が書いてある可愛いベルで、頭についているボタンを押すと、中に仕込んであるレインボーカラーのベルが鳴ります。

中上:ラウンドベル レインボーカラーでドレミファソラシドの8音が鳴るラウンドベルは、くるくる回しながらバチを当てると華やかなグリッサンドを鳴らすことができます。

右上:ポヨポヨ …とうちでは呼んでいますが、商品名は知りません。100均で買える、音の鳴る玩具です。平和な顔して、宇宙人みたいな音を出します。擬似的なおしゃべりに使っています。

左下:スレイベル 鈴なのですが、たくさんついていますでしょ。両端を両手で持ったりしてシャンと鳴らせばジングルベル!という感じの華やかな鈴の音です。

右下:ミュージックベル この会社のミュージックベルには4種類あって、その、ランクの上から2番目のものですが、1番目だけべらぼうに高いので、通常これ以上のものは使いません。音はレインボーカラーのタイプよりも柔らかくなります。音楽療法に使うならこれ!という感じ。

下:フルート 音楽療法士の中には、フルートやサックス、バイオリンなど、伴奏楽器ではない楽器でセッションする人もいます。そうしたオケで使われる楽器の中で、音楽療法に最も向くものというと、私見では、このフルートと、チェロ、ハープが3大癒し系ではないでしょうか。フルートは所謂横笛、木管楽器で、息と混ざったような、優しい音で高音までをカバーします。

ページの先頭へ

次のページへ

音楽療法のHOME|NPO法人 心のおしゃべり音楽工房

音楽療法のコースのご案内と料金

音楽療法士のご紹介

初めての方へ

医療/療育/福祉施設の皆さま

音楽療法をご利用の方の声

音楽療法についてよくある質問

アクセス

お問い合わせ

研修生募集のお知らせ

音楽療法士のための即興力UP講座

音楽療法コース報酬改訂のお知らせ

団体概要

代表:中井深雪|NPO法人 心のおしゃべり音楽工房

私たちは人生のさまざま局面を音楽の力に支えられて生きています。音楽療法は、伝えたいと望む心の交流をお手伝いします。どうぞ一度、NPO法人 心のおしゃべり音楽工房までお気軽にお越し下さい。

中井深雪の音楽療法日誌

お気軽にご相談ください

フリーダイヤル(ココロヨハロー)
0120 - 5564 - 86
受付時間:9:00~24:00

一般ダイヤル
03-3418-6612
※ 音楽療法に関するご相談
問い合わせ以外の方は
一般ダイヤルへお願いします。

LinkIconmtnsmds@d00.itscom.net

日本音楽療法学会認定
講習会等開催団体

音楽療法と心のおしゃべりカフェさんぽ。