研修生募集のお知らせ

日本音楽療法学会関東支部
認定講習会・研究会実施団体

お気軽にご相談ください
フリーダイヤル(ココロヨハロー)
0120 - 5564 - 86
受付時間:9:00~24:00
一般ダイヤル
03-3418-6612
サイトマップ

研修生募集のお知らせ

NPO法人 心のおしゃべり音楽工房では、平成24年度より、日本音楽療法学会認定音楽療法士を目指す方々の中から研修生の受け入れを開始いたします。


日本人に合った音楽療法の形を追求しながら私たちの培ってきた、即興を主体としてあらゆるジャンルの音楽や音響装置を利用した臨床技術、クライエントの「いま」の見立て方、そしてMTN心のおしゃべり音楽工房の音楽療法におけるアプローチと背景理論などを共有できる仲間を、一人でも多く増やしていきたいと考えています。

NPO法人 心のおしゃべり音楽工房は、概要として下記のような考え方を臨床に取り入れています。


音楽療法を行う上での学術的な背景理論は、発達心理学やトランスパーソナル心理学、ライフサイクル論および共時性理論です。:ウィニコット、マーラー、コフート、ピアジェ、マズロー、メラニー・クライン、エリクソン、ユング
音楽療法におけるアプローチの背景としては、ノードフ&ロビンズの音楽療法と松井紀和氏のBED-MUSICに最も強い影響を受けています。
セッションごとのアセスメントでは、主に対象関係の分析、逆転移の分析による視点を重視しています。

註※ 音楽療法は心理療法の一分野ですので、一般に言われる心理療法技術、支持法、カタルシス法、分析法、行動論法などを、音楽と言葉とボディランゲージ、雰囲気などによって、対象に応じて細かく組み合わせながら使います。上記は、さらにその奥にある背景理論等です。


研修生募集の目的


一、15年間、児童・知的障がい者・重度重複障がい者・精神科と、多くの分野でその必要性を認めていただくことができた心のおしゃべり音楽工房の音楽療法、特に臨床技術について、日本の音楽療法の1つの形として遺していくために、同じ考え方やアプローチ、技術を共有できる仲間を増やしていくこと。

二、教員や介護職と併行しての実践を希望せずに音楽療法を中心とした臨床活動を続けてゆきたい女性音楽療法士たちにとって、音楽療法士としての成熟を果たすためにも非常に重要な、結婚・出産・子育て・介護を経る時期に、音楽療法士としての夢やキャリアを捨てずに済むような、ワーキング・シェア可能な体制づくりを推進することで、より質の高い臨床音楽療法士の裾野を確実に広げていくこと。


研修ご希望の方は、お電話でお問合せの上、メールにて以下の資料をお送りください。折り返しこちらからご連絡差し上げます。


① お名前 生年月日 最終学歴
② 音楽療法の専門教育を受けた実績
③ 音楽療法の実践経験
④ 音楽療法士を志したきっかけ
⑤ ご住所・ご連絡先
⑥ 面談可能なスケジュール

LinkIconメールはこちら

現登録セラピスト:渡辺朝美(2005年度認定音楽療法士)

ページの先頭へ

前のページへ

次のページへ