音楽療法士の日誌 柴野彩音

日本音楽療法学会関東支部
認定講習会・研究会実施団体

フリーダイヤル(ココロヨハロー)
0120 - 5564 - 86
受付時間:9:00~24:00
一般ダイヤル
03-3418-6612
サイトマップ

音楽療法のスタッフ日誌;柴野彩音編

2015年4月9日【とてもとても嬉しい報告】


音楽室に長年、個人音楽療法で来てくれている、中井先生のブログやスタッフ日誌でもおなじみのゆうちゃん。

中学卒業前の全校合唱コンクールで、なんと!ピアノ伴奏の優秀伴奏者賞を獲りました!!
この賞は、支援級の生徒だからといっておまけでもらえる賞ではないのは、これまでの同中学校合唱コン史で知っていたゆうちゃんママでしたから、ダメ元で表彰式もVTRを回しっぱなしたら名前が呼ばれた、とおっしゃるそのお喜びのどれほど大きかったことか!お母さんもおめでとうございます!

ゆうちゃんには3歳の頃から絶対音感をはじめとする音楽の才能があり、当時はまだ私はゆうちゃんの担当ではなかったのですが、小学校1年の時にはコードはすべて頭に入っていたと聞いていました。小学校3年ではピアノも習い始め、中学に上がる前には、聞いたことのある曲なら即伴奏をつけて演奏することもできました。
今では、セラピストたちとの即興演奏コラボレーションで奏でる音楽や、コード付けや音質選びに関しては、セラピストに勝るほどの感覚を持っています。

そんなゆうちゃんですが、音楽を演奏することは自分の楽しみのため、という意味合いが強いこともあり、音楽することへの愛が強すぎて(*'▽')?中2までは、テンポのキープがちょっと課題でした。

でも中3のある時からテンポのキープも含め、毎セッション異なる楽曲の演奏の完成度が上がっていきました。
(通常、音楽療法のセッションでは、クライエントの演奏の完成度を求めることはないのですが、ゆうちゃんの場合は、いつのまにか本人にとって、それがセッションの目的の一つになってしまったのでした。)

そんな成長を感じていた時に受けたこの優秀伴奏者賞の受賞という報告は、セラピストたちにとってもとても嬉しいことで、ゆうちゃんの成長をあらためて実感する出来事となりました。

ゆうちゃんは中学に上がるとこれまでも、合唱の伴奏を何度か音楽の先生に頼まれながら、1年生の頃は断固としてやりたがらず、2年生でもまだやりたがらず、でも実は弾けるので、音楽室で、自分のアレンジを加えて弾いていました。

そして3年生の今年は自ら「やります!」と手を挙げ、何曲でも引き受け、気がつくと譜面通りの演奏を心がけ、テンポのキープもし、また本番が近づくにつれ、演奏のクオリティーも急速に上げていったのです。

この頃の成長の著しさをみると、きっとゆうちゃんは伴奏という経験を通して、伴奏者の役割を学び、またみんなで合わせることの楽しさを知り、自然とテンポキープにも気を配るようになったのだと思います。ここに、音楽において「テンポ」が持つ意味が集約されていますよね!

クラスには合唱が不得意の生徒さんもいたそうなのですが、同じ支援級のゆうちゃんがピアノを頑張っているんだから、と、頑張ろうという空気が次第にクラス全体に波及していった、と担任の先生がおっしゃったそうです。そしてやがて、支援級全体が合唱コンクールに向けて一丸となったのだそうです。

また、本番は緊張して演奏が途中で止まってしまう生徒さんもいる中、ゆうちゃんだって緊張はしていたのでしょうが、見た目には落ち着いて、堂々と演奏していたとのこと。

この報告と共に持ってきてくれた賞状を見て「やったー!」と思わず喜ぶセラピストと誇らしげなママの様子を見て、視線をこちらに向けないものの、にやにやっと嬉しそうにしているゆうちゃんなのでした。

賞状


優秀伴奏者賞と卒業、そして高校入学おめでとう!ゆうちゃん*:.。☆..。.(´∀`人)

柴野彩音

ページの先頭へ

2015年02月19日【突然。】


ある日、その事件は起こりました。

個人音楽療法セッション中、上がったテンションを発散させるように元気にバルーン上でジャンプをしていたSくん。
お気に入りの青いバルーンでした。
コ・セラピストでセッションに入っていた私は、隣でそれを見守っていました。
と、その時、パーーーン!という音と共に、Sくんが私の視界から消え、 次の瞬間、Sくんは床にしりもちをついていました。バルーンが割れたのです。



バルーンが割れた瞬間、「え…」とSくん。
一時停止ボタンを押したかのようにその場面が止まった数秒後、 Sくんは「びっくりした!」と目を丸くしたままママやセラピストに何度も報告していました。

幸い、床のじゅうたんとSくんのお尻のお肉がクッションになって、お尻の痛みは大してなかったようでした。

セッション後、改めてSくんのお尻の無事を確認した後、その一連の出来事を思い出し、 ママとセラピストで思わず笑ってしまいました。

ごめんね、Sくん (^_^;)

このバルーン、フィットネス用のバルーンなのですが、 音楽療法の場では体幹を鍛えたり、自己刺激でジャンプをしたがるお子さんにバルーンで発散してもらうなどの活動で使用します。

それぞれお気に入りの色があるようで、色の指定をしてバルーンを出してほしいと要求するお子さんもいます。

長年、子供たちのお尻の衝撃に耐えてきたバルーンくん、お疲れ様でした!!


柴野彩音

ページの先頭へ

2014年11月18日「セルフ音楽療法」


先日、セルフ音楽療法をしてきました(*^^*)

場所はとある公園。

聞こえてくるのは、鳥の声や風が木葉を揺らす音、そして土や砂利を踏みしめる自分の足音。だけ。それだけ。


普段の生活は人工的な音楽に囲まれている日々ですが、時にはそこから離れて、自然が作り出す音だけの空間っていうのもリフレッシュできるし刺激になります。

とっても古い日本の歌で♪美しき天然という曲を思い出しました。
高齢者の方のセッションで使用することがある曲です。

『美しき天然』
 空にさえずる 鳥の声
 峯より落つる 滝の音
 大波小波 とうとうと
 響き絶えせぬ 海の音
 聞けや人々 面白き
 この天然の 音楽を
 調べ自在に 弾きたもう
 神の御手の 尊しや
(2番に続く…)


自然の美しさを歌った歌ですが、今も昔も自然に心を打たれる気持ちには変わりがないんですねー。

こういった自然界の音を音楽療法のセッションで取り入れることはよくあります。
例えば鳥の声はこちらのバードコールで。



風の音は風笛。


などなど。 これらの音で気持ちを落ち着かせ、時に刺激するのです。
皆さまも色づいた葉を見がてら、自然の音に触れてみてはいかがでしょうか?

柴野彩音

ページの先頭へ

3月17日 「おねだり」



先日、インターネットのお買い物サイトを見ていたところ。
「WAVE DRUM」なる電子楽器を目にしました。
パッドを叩いたらドラムの音が鳴るんでしょ。

そう思ったのですが…

調べてみるとパッド部分の音は99種類から選択可能!
木琴やピアノなどのメロディー楽器やシタール(インドの弦楽器)などの変わった楽器の音も出るようなのです!

模擬演奏の動画を見ながら、「あの人やあの子が喜んでくれそう!」とクライエントの喜ぶ姿を勝手に想像し、
中井先生におねだりをしてわが工房に仲間入りしました!

IMG_20140314_112256.jpeg

アダプターか、電池を入れて使用し、円の下半分のパッド部分を手で叩くことで音がでます。


円の上半分のボタン類を操作することで、音を変えることができ、なんと!調を変えることもできる!

バチを持つことが難しい方に、叩く操作ひとつで色んな音を出せるのは魅力的ですよね。
音を出すことに興味や喜びを持ってもらえたら、自発的に動かす意識を高めることができるかもしれません。


そしてそして!この黄色いクリップ。

20140313_225512.jpeg




写真ではティッシュボックスに取り付けていますが、
靴でもよし、水の入ったペットボトルでもよし、取り付けたものが楽器になる優れもの!
(なんだか WAVE DRUMの回し者みたい?)


先日の施設セッションでは、手のご不自由な方がいらっしゃって、足元に取り付けてみました。
軽い力で音が鳴るので、喜んでいらっしゃり、いつもよりたくさん足を動かしてくださいました。



クリップとパッド部分は違う音に変えられるので、二人でそれぞれを受け持ってリズムセッション、というのも面白かったです。


今回は音を拡声するために、ワイヤレスマイクの送信機を取り付けました!
こんなこともできるんですね!すごーい!

20140313_225512.jpeg

仲間入りして間もないこの WAVE DRUM、早くあの子やあの人に使ってもらいたいなあ~ (^◇^)

これから色んな使い方を試してみたいと思っています。何か発見があったら皆さんにご報告しますね。

柴野彩音

ページの先頭へ

1月31日 ー音楽室にまたかわいい仲間が増えました!ー 


DSC_0223.JPG

干支お手玉の動物たちです!


これを使ってどんなふうに遊ぶかというと…

曲はNHKのこども番組「にほんごであそぼ」の♪え~と。
曲に合わせてセラピストが円形に干支の絵カードを並べていきます。
2コーラス目で、こどもたちにそのカードの上に干支お手玉を見比べながら置いていってもらいます。

DSC_0224.JPG

ちょっと難易度をあげたい場合は干支お手玉と干支の漢字カードの組み合わせで遊んだりもします。

DSC_0225.JPG

さらに興味のある子には、干支と時刻との相関関係まで教えちゃいます。
たとえば、今年の干支の「午」の刻は、というと、お昼の12時。だから午前、午後、って言うんだね、とか、
「丑」の刻はお化けの時間!「丑三つ時」って言うよね~(怖!)とか^_^;。

うまく知的好奇心をくすぐりながら、干支に興味を持ってもらうのに絶好の活動です。
カードものが大好きな子どもたちと一緒にやったところ、いつもは騒がしい子どもたちがカードに釘づけでした。(^^)



干支とは関係ないですが、こんな風にバスに乗せたり…

DSC_0220g.jpg

DSC_0222g.jpg

柴野彩音

ページの先頭へ

12月19日 「みんなのクリスマス」

今年もクリスマスが近づいてきましたね。
楽しいことが大好きな MTN 心のおしゃべり音楽工房のスタッフたちは、今年もサンタの衣装を着ながらこの時期はセッションをしています!
そして毎日のようにセッションの中でクリスマスソングを歌い、聞いています♪
音楽室に来てくれるお子さんの中には、クリスマスのことは理解できないけど、クリスマスソングが大好きで、夏でも♪ジングルベルを歌っているというお子さんや、サンタの衣装を着るのが好きで、セッション中に全身身に着け、髭までつけて満足そうにしているお子さん(しかもとっても似合っている!)、今年からクリスマスを理解して楽しみにしているお子さん、セッションの中でトナカイ役からサンタさん役まですべてこなして、演技をしてくれるお子さん、…などなど!クリスマスの楽しみ方はお子さんによって違うようです。

IMG_20131210_194251.jpg

写真はセッション中に、クライエントのお子さんと飾り付けたクリスマスツリーです。

工房オリジナルのクリスマスソング♪よいこのクリスマス の中に「おそうじして クリスマスツリーを飾ろう」という歌詞があって、クラッカーから飛び出て散らかってしまった国旗をお片付けして巻き付けたところがポイントです!かわいいでしょ

みなさんも素敵なクリスマスをお過ごしください!

ページの先頭へ

10月29日  「ハロウィンがやってくる」



最近、さまざまな場所でハロウィンのイベントが開かれ、仮装した人々が集う、というニュースを何度か目にしました。

そんな、一般的になりつつあるイベント『ハロウィン』ですが、私が子どもの頃は『ハロウィン』という言葉すら聞いたこともなく、一年のうちのイベントとして認識しはじめたのは、この仕事を始めてからでした。

毎年10月になるとセッションの中にハロウィンの要素を折り込み、みんなで仮装するコーナーを作ったり、こわ~い雰囲気を音で作ったり。

音はシンセサイザーの効果音で「ハッハッハー」という笑い声や「キャー」という叫び声、「コツコツコツ…」という足音やドアが「ギギィー」と鳴る音などで怖さを引き立てます。
この音に怖がる子どもたちを見ると、ちょっと嬉しくなるのは私だけでしょうか?(^皿^)

また、子どもたちは不思議なことに、おばけを見るのは嫌がるけど、おばけに変身するのは大好きなようです。

おばけに変身した途端に自信(?)が出てきて、いつもとは違った一面を見せてくれる子もいます(*^^*)

子どもだけでなく大人も、仮装をしたら新しい自分を発見できるかもしれませんね!
さあ、皆さんはどんな風にハロウィンを楽しみますか?

東京のハロウィン

ハッピーハロウィーン☆ミ

柴野彩音

ページの先頭へ

9月8日  水戸土産



先日、茨城県民大学の講座、ミュージックセラピー楽修会(正式には、「平成25年度茨城県弘道館アカデミー県民大学前期講座 ミュージック・セラピー楽修会」)にスタッフとして参加してきました。
全5日間で20時間、概要から子どもの音楽療法、高齢者の音楽療法、精神科の音楽療法、知的障がい者や肢体不自由の方々、重複障がいの方々の音楽療法について、
講義あり、模擬セッションあり、ワークありの濃厚な講座でした。
受講生の皆さんの真剣な様子、また実践プログラムではキラキラした表情で活動する皆さんの様子がとても印象的で、
「負けていられない!私ももっと勉強を重ねなければ!」と思いました。

また、水戸の音楽療法事情も知ることができ、とても収穫の多い楽修会でした。

週をまたいではいましたが、5日間の集中講座だったため、講習会を重ねるごとに皆さんとの絆も深くなり、最後は皆さんと別れがたさを感じるほどの素敵な講習会でした。

DSC_0039.JPG


和気藹々と講習がすすむ中、ぽろっと「水戸に来たからには印籠を買って帰らないと。」と
講義の中で言った言葉を覚えていてくださり、受講生の方がこれをプレゼントしてくださいました!

「これが目に入らぬかー!!」

20130907_051047.jpg

本当にありがとうございます!なんとも嬉しい(^o^)
黄門様ネタで使うのが今から楽しみです!

そして水戸でのもう1つのお土産。
受講生さんにこんなにかわいいツインズが!
ボーダーのワンピースにレギンス。靴は色違い!

私「揃えてきたの?」
ツインズ「たまたまですー(ハモっている)」
私「双子みたいだね!」

こんな会話がその日何度も聞こえてきました(笑)

音楽療法のお勉強を頑張っている学生さんだそうです!リズムのワークではとても楽しそうにステップを踏んでくれていました.

最後に、この度この講習にお招きいただきましたことを、心より感謝いたします!
またきっと、水戸にお邪魔したいと思います♪

柴野彩音

ページの先頭へ

7月19日 「歓迎会 開催」


先日、MTN心のおしゃべり音楽工房のスタッフが集まり、歓迎会が開かれました。

歓迎会ということは…?
そうです!新しいスタッフが仲間入りしたのです(*^^*)

お名前は中村麻弥さん。MTNのセッション現場を一緒に回りながら音楽療法を学んでいます。
初対面のクライエントさんともすぐに馴染むことができる、ほわわーんとした雰囲気。
まさに癒し系です。
スタッフの小關さんは中村さんの言動がお気に入りらしく、1日に何度も目を細めて「かわいい」とつぶやいています(笑)
中村さんはノリもよくて、いつかのセッションではクライエントさんと一緒にジャンプしながら踊ってくれていました。


さて、歓迎会の会場はカラオケ屋さん。
中井先生より『CUETSごっこ』なるものが提案され、中村さんも頭を悩ませながら参加していました。
(CUETSとは?と思った方は1つ前の私のページを覗いてみてください☆)
『CUETSごっこ』とは自分以外の人にセラピストを指名して、自分の体調や気分を伝え、そのコンディションに合う楽曲をセラピスト役が選曲し歌う、というゲームです。

私は中村さんをセラピストに指名し、♪PON PON/きゃりーぱみゅぱみゅ を歌ってもらいました。
「自分のために選曲してもらって歌ってもらうって、なんか嬉しい。ちょっと照れくさいけど。」と感じた瞬間でした。

2ccf4c77827bd7a4a71a568d86c6d5f0.png


CUETSごっこの他に、最近流行の音楽の話など他愛ない話や、時には真面目な話もしながら、楽しい歓迎会となりました。


では、最後に末っ子スタッフ中村さんより、意気込みをどうぞ!


『皆様はじめまして♪中村麻弥と申します。
実家では、めめという犬を飼っています。
先生、先輩方には、この度はお忙しいところ歓迎会を開いて頂き、有り難うございました。とても充実した楽しい時間を送ることが出来ました(*^^*)
 まだまだ未熟な音楽療法士ですが、少しでも早く皆様のお力になれるよう頑張っていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。』

柴野彩音

ページの先頭へ

6月9日 MTN心のおしゃべり音楽工房主催第5回講習会を終えて 


6月2日(日)は第5回目のMTN講習会が開かれました。
この講座は、中井が工房音楽室の他、地方での講演でも行なったことのある理論と実技のワークショップで、「音楽療法士のための即興力UP講座」といい、音楽療法士、またはそれを目指す方のための主に弾き歌いと即興のスキルアップのための実践トレーニングです。
そして、今回この講座は初めて、日本音楽療法学会関東支部の講習会開催認定を受けて開催されました。
(MTN心のおしゃべり音楽工房は、日本音楽療法学会認定団体です。)

DSC_0261.JPG

今回の受講生は3名。(3名以上の希望者があれば開催しています。)既に音楽療法士として実践をされている方と、音楽療法を勉強しておられる方が来てくださいました。

受講生の皆さんには事前に実技の課題が出ていたので、それもあってか少し緊張されながらも、どんなことを吸収できるんだろう、という期待感のようなものを感じました。

午前中はMTN独自の理論で、音楽療法実践場面における5つの選曲提示技法「CUETS」についての説明。
そして午後は、その講義内容を受けて受講者の皆さんに実際にピアノに触ってもらいながらのワークショップとなりました。

こちらはお昼休憩中の受講生。午前中で教わったことをつかもうと早速練習。皆さん真剣です。



MTN所属の若手スタッフ二人もここでの経験と知識を活かしてアドバイスをさせていただきました。だけど「人にわかりやすく教えるって難しい!」とスタッフの小關さん。


講習会中、受講生の皆さんがアドバイスを聞いて大きくうなづいている様子や、新しい知識を得た時の表情、何かをつかんだときの笑顔を見るとこちらも嬉しくなってきます。
同時に、私が最初にこの講習を受講したとき驚きと世界が開ける感じを思い出しました。
私もMTNに所属する時に、この講座を受講した際、セラピストの扱う音楽のクオリティーの高さを再認識しました。そして何より、演奏することがより楽しくなりました。
そういえば受講した後は歌いたい衝動にかられ、「復習!」と言いながら一緒に受講した友人とカラオケに直行していました(笑)

私も、皆さんに負けないように技術を磨きたいと思います!

お休みのところ、遠方からお越しくださり、4時間半という長時間、一生懸命勉強してくださった受講生の皆さまには、改めて…

「お疲れ様でした!」

柴野彩音


ページの先頭へ

5月8日 「こいのぼり」


5月の連休はいかがお過ごしでしたか?

5月5日は「こどもの日」でしたね。
この時期になるとセッションで鯉のぼりの歌をうたうことが多くなります。
個人的に幼少の頃から馴染みがあるのは「屋根より高いこいのぼり~♪」の♪こいのぼりですが、それよりも前から歌われていた「いらかの波と雲の波~♪」の♪鯉のぼりも素敵な曲だな、と最近思いました。

屋根の瓦模様を波に例えて、その中をまるで鯉が泳いでいるような情景を描いているんだそうです。
最近はご家庭で屋根より高いこいのぼりを立てる機会もなくなってきているようですが、歌をうたうと力強く空を泳ぐ鯉のぼりが目に浮かびますね。

さて、セッションではこんな小道具を使用しました。
屋根より高い…とまではいきませんが色鮮やかな手持ちサイズの鯉のぼり。

DSC_0205.JPG


そして意外にも人気だったのが、このミニミニ鯉のぼり。
目の前で楽しんでいただけて「かわいいねー」と好評でした。

DSC_0207.JPG


その後に♪背くらべを歌って、家族や兄弟の思い出話をみなさんから伺いました。

四季があってその季節ごとに色々な行事がある日本はいいなあー、と改めて感じました。
こういう行事を大切にしたいですね。

柴野彩音

ページの先頭へ

4月7日 「歌声喫茶ってどんな所?」

東京の桜は散ってしまいましたね。
今年は寒い日が多く、残念ながら私はお花見にいけませんでした。
みなさんはいかがですか?

さて、先日、MTN心のおしゃべり音楽工房の年度末研修企画として、「歌声喫茶」に行ってきました。
前々から歌声喫茶という存在は知っており興味があったものの、
一人で行くには勇気がなかったのですが、歌声喫茶経験者の方に同行させていただき、念願が叶って行くことができました!

ワクワクしながら入ってみると…想像していたより明るい店内。
テーブルとイスが並べてあり、たくさんのお客さんが飲食したりお話をしながら過ごしていました。
私が席についたときに丁度よく、その日何回目かのステージが始まりました。
前の方にはグランドピアノとスタンドマイクが1つ。
そこでお店の方が元気に司会をしながら、お客さんのリクエストから曲を選んでいきます。

早速歌われていたのが♪さくら(独唱)/森山直太郎 でした。
フォークソングやロシア民謡のイメージだったのですが、新しい歌も歌うんですね!!
他にもわたしたちの年代でも知っている歌がたくさんありました!
♪高原列車は行く や ♪君恋し のような古い曲もありましたが、そこは音楽療法士!ちょっと得意げな気持ちで歌ってきました(笑)。


お客さんは手元に持っている歌集を見ながら歌を歌っています。

CA2B3205.jpg

席で座って歌うもよし、自由に前の方に出てきて歌うこともできます。

もし知らない歌があっても大丈夫!司会の方がメインボーカルでしっかり音を支えてくれています。
1ステージ45分、歌い終えると心地の良い疲労感。休憩をしながら歌集の目次から曲を決めてリクエストをします。



594a085932d03c96580cee4d3781712b.pngクライエント体験をしているような感じで発見が多く、閉店時間まで楽しませてもらいました。
生演奏の伴奏も「こうやって弾くと歌いやすいのか!」と思ったり
「ははーん、3番で伴奏のパターンを変えると飽きずに歌えるのね。」などととても勉強になりました。

今回は簡単に歌声喫茶の様子を報告させていただきました!また機会があったら報告をさせていただきます!
そして、ぜひまたお邪魔したいと思います(^ー^)ノ

柴野彩音

ページの先頭へ

2月18日 「ブーム曲」

最近、音楽室でブームの曲、それは♪女々しくて(ゴールデンボンバー)です。

流行り始めはゴールデンボンバーの見た目が奇抜だし、
セッション向きではないかな…と全く手をつけていなかったのですが、
去年の年末の紅白歌合戦でこの歌が演奏されたことで、
音楽室に来るこどもたちも耳にする機会が増えたようです。

今のところ、どの子もハズレなしで乗ってくる様子を見ると、
そのときの流行の曲って、パワーがあるな、と実感します。

楽曲中は、お決まりのダンスを一緒に踊ったり、サビの「女々しくて女々しくて」のリズムに
合わせて楽器を鳴らしたりして、体と心を開放します。

ダンスは「愛されたいね~」で手をあげ、左右に動かしながらジャンプ!
サビでは横に移動しながら肩に手を添える仕草。

ダンスが不得意の私でも踊れる振り付け(^^)
カラオケでも盛り上がること間違いなし☆
よかったらYoutubeでチェックしてみてくださいね!

柴野彩音

ページの先頭へ

1月16日 ゆきやこんこ

関東でも雪が降りましたね。
今年は街中でいくつも雪だるまを見ることができました♪
この時期になるとセッションで雪の曲がたくさん登場します。

雪タ?ルマ.JPG♪ゆきふるるん(おかあさんといっしょ)はキラキラ光る雪のファンタジックな歌です。
曲の中で音積み木やデスクベル、ツリーチャイムなどを演奏してその世界観を作ったり、
お馴染みの♪ゆきでは「こんこ」に合わせてウッドブロックなどを「コンコン」と鳴らしてリズム遊びをしたり。

ある時には軍手で作った雪球で激しい雪合戦をしたり、白いスカーフや布で雪を演出したり。

今の時期、外は寒~いですからね。室内で雪をテーマに遊ぶのはいかがでしょう?

柴野彩音

ページの先頭へ

12月24日

クーリスマスが今年もやってくる~♪
少々浮かれがちになるこの時期(笑)
皆さんはどんなクリスマスをお過ごしの予定ですか?

IMG_0139.JPG先日のある施設で、ちょっと変わったテーマでセッションをしてきました。
そのテーマとは「サンタさん VS 北風小僧の寒太郎」
NHKみんなのうたでお馴染み♪北風小僧の寒太郎 に乗せて袈裟と三度笠をかぶった施設の職員さんが登場。
その後♪あわてんぼうのサンタクロースの曲に乗せて、サンタさんの格好をした施設の職員さんが登場。
(なんとわざわざ窓の外からやってくるという細かい演出をしてくださいました!)

鉢合わせした二人はその場で決闘!ハモンドJr.というさまざまな効果音が出せる楽器で
グサッという音や刀が合わさるカキーンという音を入れて演出。
笑いながら指をさしている人、「わーわー」言いながら怖がるフリをする人。
喧嘩や戦いのシーンはこの日一番の盛り上がり。
ストレスを明るい雰囲気の中で健全な形で発散するのに丁度よかったのではないでしょうか。

そして♪けんかをやめて の楽曲を使い、
何名かの利用者さんに喧嘩の仲裁をお願いすると「や、やめなさいよ…」と少し引き腰に。
でもその甲斐があって寒太郎さんとサンタさんは仲直り。そして握手&ハグ。

一連のこの流れはクライエントさんに大うけでした。

職員さんのご協力があって、とても盛り上がったセッションでした。
ストーリーの面白さやわかりやすさもありますが、
なにより、いつも身近にいて支援をしてくださる職員さんが、
扮装してやってくれるのはクライエントさんにとって新鮮でとても嬉しいことなのでしょうね。

急なお願いにも関わらず、体を張って演じてくださった職員さんたちに感謝です☆

今度は何をお願いしようかな…♪

ひつし?笠.jpg先日のある施設で、ちょっと変わったテーマでセッションをしてきました。
そのテーマとは「サンタさん VS 北風小僧の寒太郎」

NHKみんなのうたでお馴染み♪北風小僧の寒太郎 に乗せて袈裟と三度笠をかぶった施設の職員さんが登場。

その後♪あわてんぼうのサンタクロースの曲に乗せて、サンタさんの格好をした施設の職員さんが登場。
(なんとわざわざ窓の外からやってくるという細かい演出をしてくださいました!)

鉢合わせした二人はその場で決闘!ハモンドJr.というさまざまな効果音が出せる楽器で
グサッという音や刀が合わさるカキーンという音を入れて演出。

そして♪けんかをやめて で仲直り。寒太郎さんとサンタさんは握手&ハグ。

一連のこの流れはクライエントさんに大うけでした。

職員さんのご協力があって、とても盛り上がったセッションでした。
ストーリーの面白さやわかりやすさもありますが、
なにより、いつも身近にいて支援をしてくださる職員さんが、
扮装してやってくれるのはクライエントさんにとって新鮮でとても嬉しいことなのでしょうね。

急なお願いにも関わらず、体を張って演じてくださった職員さんたちに感謝です☆

柴野彩音

ページの先頭へ

11月18日


突然ですが、私は100円ショップが大好きです!
セッションで使える小道具を調達するのにお世話になっています。

例えば…

P1000617.jpg

ハロウィンネタの時に使える帽子。10月中は大活躍でした。

P1000622.jpg

こちらは高齢者施設でのセッションで使います。
実際に物を見ていただくとお話もはずみます。
クライエントの皆さんから、紙風船の膨らまし方や
竹とんぼの上手な飛ばし方などを教えていただいたこともありました(^^)



そして最近のヒットがこちら!



つなげると…フラフープになります!

P1000621.jpg


なんと
持ち運びに便利だし、カラフルでかわいい☆

♪大きなわがあれば に合わせて提示したり、
「回る~♪」などと歌詞が入っている曲では、立てて回したりします。

半円のアーチ状にして「ロンドン橋おちた~おちた~」の橋として使ったこともありました。
手で作ったアーチもいいのですが、こんなにカラフルな橋が架かっていると、
いつもの遊びでも子どもたちにとってはまた新鮮になるようです。



今の時期はきっとクリスマスグッズがたくさん出ている時期でしょうね。
去年もたくさん買ったけど、また調達しに行かなきゃ(^v^)/

柴野彩音

ページの先頭へ

10月16日


今日は私の家族の誕生日。
本人に先ほどメールを送ったら「忘れてた!」とのことでしたが(^^;)
今日はバースデーソングをとりあげてみたいと思います。

誕生日の曲というとやはり♪ハッピーバースデートゥーユーでしょうか!
歌ってもらうと嬉しいような恥かしいような…でもそんな気持ちを味わえるのも1年にこの日だけ。

施設でのセッションの時に誕生日が近いクライエントがいらっしゃると、セッションの中でこの曲を歌ってみんなでお祝いをします。
仲間たちに「おめでとう!」と声をかけられるクライエントはセッション中とはまた違った笑顔を見せてくれます。
そういえば高齢者施設でも歌ったことがありますが、口ずさんでおられる方もいて、それだけ定番のバースデーソングということでしょうか。
他にも誕生日がテーマの曲ってたくさんありますよね。
ネット検索をすれば、数え切れないほどの曲が出てきますが、個人的に特に好きな曲をあげてみます。

b41c86ec4dc50b021d8fab9763af0b39.png♪Happy Happy Birthday
Dreams come trueが歌った曲。
ボディーパーカッションを入れてアカペラで歌いたい曲です。

♪ハピハピバースデー
岡本真夜さんの曲。
「おめでとうハッピーハピバースデー♪」のサビが印象的で、あったかい雰囲気のお誕生日ソングです。

♪虫歯のこどもの誕生日
かわいくて好きな曲ですが、これは…現実にはしたくないですね(笑)
みなさんは、毎日歯を磨いてハッピーな誕生日を迎えましょう!

♪Happy Birthday
GOING UNDER GROUNDという私の好きなアーティストの曲です。
毎年誕生日に聞いて「今日からまたスタートだ!」と気合を入れています!

…と、誕生日を祝う曲をあげてみましたが、なんと!!
誕生日ではない日を祝う歌があるのをみなさんご存知ですか?

♪お誕生日じゃない日のうた
ディズニーアニメ『不思議の国のアリス』の中の曲。
不思議の国で迷ったアリスがへんてこなキャラクターのへんてこなお茶会に誘われて歌われる曲です。
タイトル通り「誕生日ではない日、なんでもない日、バンザーイ!おめでとう!」
と歌われるのですが、このお気楽な感じ。とっても好きです(*^^*)
セッション中に使うなら変な音をたくさん入れて遊びたいですね。
何でもない日がハッピーな気分で過ごせそうです?

そんなところから、連想が始まると、次に出てくる曲は

♪毎日がスペシャル
竹内まりやさんの歌です。ご存知の方、多いですよね。
「誕生日じゃなくっても…」ってやつです。

私たちは、大抵こんな風に、歌から歌へと連想を紡いで、クライエントの笑顔がどんな風に返って来るかな、と想像しながら、毎回のプログラムを作っています。


みなさんはどんなバースデーソングが好きですか?

柴野彩音

ページの先頭へ

9月19日

MTN心のおしゃべり音楽工房で定番の"ごあいさつソング"というのがいくつかあります。
すべて中井先生が作った歌で、どれも素敵な曲です。
「どんな楽しいことが始まるんだろう」と活動にわくわくと期待感をいだかせるような曲、
「頑張るぞ!」と体に力がみなぎるような曲、
穏かな気持ちでセッションにのぞめるような曲…

さまざまな曲がありますが、今日は♪こんにちは×3という曲を紹介したいと思います。
まずは歌詞を!

○○ちゃん ○○ちゃん こんにちは(セラピスト)
こんにちは~♪(コ・セラピスト)
こんにちは~♪(クライエント)

○○ちゃん ○○ちゃん こんにちは(セラピスト)
こんにちは~♪(コ・セラピスト)
こんにちは~♪(クライエント)

さあ先生とこれから 音楽しよう
まずはタイコ
それからツリーチャイム
とってもとってもキレイ
さあ はじめよう


クライエントはドラムセットにスタンバイ。
「こんにちは」の部分を歌い、歌詞に合わせてスネアドラム、ツリーチャイム、
そして最後にセラピストのピアノのタイミングに合わせてシンバルをジャーーーン!と鳴らします。

この、それぞれの音出しのタイミングがぴったり合えば合うほど、特に自閉症圏のこどもたちとセラピストとの「あ、うん」の呼吸は合わせやすくなるようです。
そこで音楽室に通うお友達の一人、さとちゃんとも、今、丁度そのことに取り組んでいます。
さとちゃんは、楽器を鳴らすタイミングがちょっと早くなってしまうことが多かったので、最近、私が指揮をするようにボディーランゲージと「せーの!」などの声かけで合図を出しています。
こちらに意識が向きやすい日は声かけだけや、時にはアイコンタクトだけでタイミングを合わせられるようになってきました。

P1000488.jpgこの日はザウルス君(←ザウルス君の正体が知りたい方は以前の日誌を読んでみてください☆)にとても愛着を持っていて、ドラムセットのタムの上に同伴させたので「○○ちゃん~♪」の部分にザウルス君の名前を入れて呼びかけると、クライエントが「こんにちは~♪」でザウルス君をお辞儀させるように傾けてみせてくれたのでした。

この曲に限らず、毎回のセッションで決まった“ごあいさつソング”を使うため、その日のクライエントの「こんにちは~♪」の声の様子や叩き方(強弱やタイミング)や叩くときの目線…など、たくさんの要素からその日のセッション前の体調や気分を想像することができるんですよ。

そしてそこからどんな展開にしていくかが決まってくるのです。


このエピソードをご紹介するにあたり、クライエントのお母さまのご承諾をいただいております。ご承諾、ありがとうございました。
ケータイからで上手く表示できない方はこちらから

柴野彩音

ページの先頭へ

8月21日 


先日伺った、ある施設での集団セッションのこと。

その集団の中には耳のご不自由な女性が参加していらっしゃいました。
その方は、いつものセッションでは興味を持った楽器などに積極的に手を伸ばしたり、興味のあるものを探索しに歩き回るのですが、その日は様子が違いました。
どうやらどこかお身体に気になるところがお有りのようで、それが気になり気分的にも沈んでいるようだったのです。

その影響でじっと椅子に座り、何にも興味を示さず、視線も合いにくかったその方が、この日唯一手にとったもの、それは…これでした!


イソギンチャクボールです。

その時のプログラム曲は♪うみ。
海に関する楽器や小道具をたくさん用意していきました。

他にはオーシャンドラム、亀のパペット、ポニョなど。

これらの小道具は、耳の聞こえないその方に、視覚的にも楽しんでいただこうという意図で持って行ったものでした。


このイソギンチャクボールはゴムのようなムニュムニュした感触と毒々しい色が特徴的で、こどもたちには人気の玩具です。

(こどもたちがどんな面白いことに使って遊んでいたかは、またいつか紹介したいと思います☆)


そしてその方は、セッションが終わるまでイソギンチャクボールをお守りのようにして持ち、またその感触を楽しむことで、少しの間、気になるところに気を取られてしまうのを紛らわすことができたようでした。


・・・と、今回は大活躍のイソギンチャクボールでしたが、セラピストや音楽室にいらっしゃるお母さま方にはいつも気持ち悪がられています(^^;)

わたし個人的には、好きなんですけどね(笑)

あなたはいかがですか?
…といっても、見た目だけでは判らないですね(^^;)

柴野彩音

ページの先頭へ

7月19日


セッションを終えた子どもたちの、最後のちょっとした楽しみ、それはお月謝袋に出席した印のシールを貼ることです。
音楽室にいろんな子どもたちの好みに沿えるように、たくさんの種類のシールを置いてあります。
文字に興味を持ち始めた子は、ひらがな文字や漢字のシールを貼ったり、
かわいいもの好きの子はカラフルなスイーツのシール、
選ぶのや貼るのがちょっと面倒な時にはただの丸のシールなど、
その子の個性や気分が表れるんです。


そんな中で最近人気のシールは…
カラフル・スカルのシールです(笑)
色味に惹かれるのでしょうか?
スカルを選びそうもない子が貼っているとママもセラピストもその意外性に笑ってしまいます。

今日はどんなシールを貼るのかな、と実は私のちょっとした楽しみでもあります。

柴野彩音

ページの先頭へ

6月27日

以前に紹介した音楽室の新たな仲間、ザウルスくんにお友達ができました。
トリケラトプスのトップスくんと、ブラキオサウルスのブラッキーくんです。

トップスは鋭い角に太い足、いかにも強そうな体つきですが、優しい目をしています。
ブラッキーは長い首が特徴的。いたずらっ子っぽい表情がかわいいです。

ザウルスくんがお気に入りの男の子と恐竜ごっこをする時に活躍してくれています!
その際のBGMは「♪怪獣のバラード」という合唱曲です。
怪獣が愛と海を求めて冒険に出かける、という内容の曲です。
P1000488.jpg

さて、ザウルスくんは最近どうしているかというと…
雨の中お散歩中♪どうやら梅雨を楽しんでいるようです(笑)
♪Singing in the rainがBGMに聞こえてきそうです。

柴野彩音

ページの先頭へ

5月29日


P1000447.jpg最近、家の最寄の駅の改札を出るとふわ~っとあまい匂いが香ってきます。
なんだろう?と思っていたのですが、どうやら駅周辺に咲いている花の香りのようです。
花の名前はわからないのですが、すごく癒される香りです。

他にも、そろそろ咲き納めのツツジ、咲き始めのアジサイなどが近くに咲いていました。

音楽療法に携わる前までは花に全く興味がなかった私ですが、
セッションのプログラムは季節感を大切に作るため、
自然と季節の花や季節の習慣などを気にとめるようになりました。

そして季節が移ろいゆく様子にいちいち「ああ、春だね。」「ああ、またこの季節が来たね。」などとしみじみと感じています。

梅雨の時期に入ったら、鎌倉にアジサイでも見に行こうかな…

柴野彩音

ページの先頭へ

4月28日

音楽室に新しい仲間が加わりました。その名も「ザウルスくん」(写真左)
IMG_0172.JPG
今まではかわいい恐竜のパペット(写真右)が音楽室に唯一あった恐竜グッズでした。
新たに加わったこのリアルな恐竜に、子供たちが怖がるかと思いきや、意外に手にとって一緒に遊んでくれます。
プニプニした触感でさわり心地がいいんですよ。

ではザウルスくんで遊んだ際に使用した、恐竜やドラゴンにまつわる曲をご紹介します。

♪ド!ド!ド!ドラゴン
おかあさんといっしょの曲。ロック調のノリのいい曲です。見た目は怖いけど実は寂しがりやのドラゴンが主人公の曲。

♪パフ
元はアメリカのフォークソングですが、日本ではスクールソングの定番ですね。歌詞の内容はパフと言う名の恐竜とジャッキーという少年の友情と別れの物語です。

♪ラプラスにのって
ポケットモンスターの曲。ラプラスという恐竜に乗って海を冒険する歌です。ミディアムテンポの心地よい曲です。

♪ほえろマンモスくん
子供テレビ番組ポンキッキの曲。セッションでは「ほえろ!ザウルスくん!」と替え歌して歌いました。

♪銀の龍の背に乗って
2003年発売の中島みゆきの作品。今年の干支が辰年ということもあって、今年に入って何度か演奏している曲です。

IMG_0171.JPGあるクライエントの男の子は「♪ほえろマンモスくん」で「ガー!」と鳴き声を真似しながらザウルスくんを持ってフロアをお散歩させてくれていました。
ザウルスくん、音楽室の新たなアイドルになりそうです。

柴野彩音

ページの先頭へ

3月27日

3月。
卒業シーズンということで高齢者施設で卒業をテーマに先日、セッションを行いました。

使用した曲は♪蛍の光 ♪仰げば尊し ♪高校三年生 

2012032701000000.jpgその中でも♪仰げば尊し では皆さんで歌い終えたあと。
・・・・・・曲の余韻に浸っておられるような無音の数秒間。
穏やかで少し哀しげな…なんともいえない表情で、多くの方が模造紙に書かれた歌詞をしばらく見つめておられました。

セッションに参加された皆さんは、学校を卒業されてもう何十年と経つというのにこの歌を歌うとその頃の思い出がよみがえるようで、まさに今、卒業式を迎えたかのように涙を流される方もいらっしゃいました。

私の何倍も長く生きて、色んなことを経験し感じてこられた皆さんが、この歌を歌い、卒業式の日の感情を思い出されている様子を見て、卒業式というものはいくつになっても深く心に残っている大切な日なのだと改めて感じました。

慕っていた先生のことや友達の話、卒業式で泣いたこと、そのときの気持ちなどをを伺い、その場にいた皆さんでシェアしました。

柴野彩音

ページの先頭へ

2月26日

あるセッションでクライエントから出たリクエスト曲、♪昭和ブルース
この曲の歌唱伴奏をしたのですが、これが非常に難しかった…!!!

P1000401.jpgいつも歌唱伴奏をする際にはYoutubeなどを利用し、原曲を聞いて
どんな風に弾いたら曲の感じが出るか、そして歌いやすいか。
キー設定は?テンポは?
などと色々なところに配慮をしながら練習します。

この曲のリクエストをいただいてから練習期間があったため、いつものようにまずはYoutubeで原曲をチェック。
だけど歌手の方が揺らして歌うため楽譜に記載されたリズムと違う…。
そしてこの曲の特徴の悲しく暗い感じがなかなかうまく出せませんでした。
原曲を何回も聞いて研究と練習を重ねて挑んだセッションでの伴奏。
歌い終わった後にクライエントから“暗い”という言葉が出て心の中でガッツポーズをしました。

今回以外にもクライエントから出されるリクエストに頭を抱えることが度々。
だけどこれが自分の技術向上と練習のモチベーションになっています。
そしてうまく行った際には心の中で密かにガッツポースをするのです。

柴野彩音

ページの先頭へ

2月1日


ここ最近で数回、音楽ライブに行く機会がありました。

ライブ会場に響く楽器の音や歌声は、体に振動や音の圧を感じ、心も自然と揺り動かされました。
また、演奏者と音楽と会場のお客さんとがその場で作り出すさまざまな雰囲気も楽しいもので、改めて生音の良さやパワーを感じました。

セッションの中では音楽を提供することが多いので、時に聴く側に回るとたくさんの発見があります。
たくさんの刺激を受けながら、音に対する感覚を磨いていきたいと思います。

柴野彩音

ページの先頭へ

前のページへ

次のページへ